トップページ > 東京都

    このページでは東京都で高級車の査定額を比較して高く売るためにおすすめの一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「高級車の査定相場を調査して高く買い取ってくれる東京都の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのページに掲載しているオススメの車買取業者で検索してみてください。

    高級車を高く査定してもらうために必要なことは「東京都にある複数の車買取店で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか近くのディーラーで下取りをしてもらおうと思っているなら間違いなく損をするのでおすすめできません。

    中古車の一括査定なら2分位で入力できるので簡単です。東京都にあるいくつかの車買取専門店からの査定額を比べることができるので、高級車の査定金額の相場が分かりますよ。
    カーセンサー

     カーセンサーは、有名企業のリクルートが運営する中古車見積もりの為の一括査定サイト。中古車を売るならカーセンサーと想像してしまうくらい知られているので安心感が違います。
    提携している業者も1000社を超えて圧倒的な数!最大50社に高級車の買取査定の依頼をしてもらえます。

    中古車一括サービスは申し込むとたくさんの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合はメール希望と連絡すれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、東京都対応で利用料は無料です。

    「少しでも高く売りたいから高級車の査定相場を調べたいけど、電話で営業されるのは…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    ユーカーパック

     ユーカーパックは、申し込みと同時にあなたが大切に乗っている高級車の査定相場が表示されるだけでなく、個人情報が他社に流れないので、電話がかかってくるのはユーカーパックだけという今までにない新しいサービス。

    オークション型で約2000社の車買取業者が買取価格を入札していくので、あなたが大切に乗ってきた高級車を東京都で高額買取してくれる買取業者が見つけられます。

    これまでの車査定一括サービスの場合、申し込むと複数の会社から見積もりの営業電話があるのが当たり前だったのですが、ユーカーパックで申し込めば電話がかかってくるのは1本だけなので、電話対応で忙しくなることもないですし、しつこいセールスを受けることもありません。
    高級車の実車査定もガソリンスタンドもしくは自宅で1回のみ。

    査定も電話連絡も1度のみで最大2000社の買取業者が入札形式で買取価格を提示してくれるという徹底的にユーザー向けのサービスです。






    かんたん車査定ガイド

     かんたん車査定ガイドは、年間利用者数が一番多い車査定一括サービスです。1分もあれば十分に入力が完了しますし、申し込みと同時に中古車の概算相場が分かるので、「数年落ちの高級車の査定相場っていくらなの?」と思っているならおすすめします。

    査定依頼後は複数の会社から電話がかかってきますが、JADRI(日本自動車流通研究所)の審査に通過した提携業者だけが登録していますので、執拗なセールスをされる心配はありません。
    買取業者から電話連絡があった際は1社で決めてしまうことはせずに、東京都に対応している複数の業者に査定を依頼することで数年落ちの高級車でも高価買取が可能になります。

    約10社の業者が高級車を査定してくれるので、一番高い金額を提示してくれた業者にあなたの愛車の高級車を売却しましょう






    ズバット車買取比較

     ズバット車買取比較は、カンタン45秒の入力後に中古車の買取相場を表示してくれる人気の車一括査定サイト。
    提携している企業は約200社もあり、最大10社が愛用の高級車を査定します。

    いくつもの車買取業者に査定の見積もりを依頼することで買取業者ごとの査定額を比べることができるので、東京都に対応している複数業者に査定依頼をして数年間愛用してきた高級車を1円でも高く売りましょう。

    累計利用者数100万人以上の実績もありますし、カスタマーサポートも対応してくれますので安心して利用することができます。






    外車王

     外車王は、その名前の通り外車専門の外車買取店です。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間の取扱車両は輸入車だけで約1500台。もちろん、東京都対応で出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車・外車専門の外車買取店なので、輸入車の高級車なら他の買取店より高額査定が実現する可能性大です。
    ですので、ドイツ車やアメリカ車、イギリス車などの高級車を売るなら先にランキング上位の車買取の一括査定サイトを使って買取査定の金額を比べてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定依頼をした後で、一番最後に外車王に実車査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高額な金額を提示してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた高級車を売却しましょう。






    車買取コラム

    中古車買取業者といっても皆一様ではなくて、輸入車専門だったり、事故車や軽自動車を扱うなど、ある特定の種類の車種販売が得意だったり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    たとえば買取希望の車種が軽自動車の場合、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方がきっと高値を付けてくれるはずです。

    ある特定のジャンルに秀でた業者はネット上の無料一括査定サイトを使ったときに、一般的な会社よりも少々高値を提示してくるため、判別することができるでしょう。

    いくつかの業者から見積もりを出すことを一般的に相見積もりを取るといいます。

    これをいつでも可能にしたのが、オンラインで簡単に利用できる中古車の無料一括査定サイトなのです。

    それに加えて、相見積もりという言葉の意味には、同日同時刻に多くの査定スタッフに売買予定車を目の前で査定してもらい、全員に査定金額をその場で提示してもらうことも相見積もりに相当します。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    中古車買取において、売却時に車検がまだ一年一ヶ月以上あれば、担当する買取業者にもよるのですが、概算で数万円ほどの査定金額のアップになることが予想されます。

    でも、車検の残り期日が1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    そうは言っても、実際に売買する直前に車検を通しても車検を実施する費用以上の金額が査定金額に加算されて回収出来ることはないでしょうから、あらかじめ車検を実施してから売却するのは無駄だと言えるでしょう。

    車の状態は悪くなくても総走行キロ数が10kmを超えると、中古車市場では過走行車というカテゴリーになり、中古車買取業者に査定に来てもらっても値段がつけられないなどというケースも多いです。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そういったケースでは一般の中古車屋ではなく、専業で事故車や過走行車などの買取売却を手がけている会社に最初から依頼した方が良いです。

    買取り先を探すのが面倒なら下取りにすれば手間も要りませんし、ディーラー側はそこは商売のしどころですから、買取りよりは高値をつけてくれるかもしれません。

    雨天や曇天、夕方など暗いときに査定してもらうと、車のキズなどのアラ隠しになって本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、業者自身も見づらいのは分かっていますから、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

    また、よく手入れされた車両というのは天気の良い日にはその美しさが際立ちます。

    お天気次第で同じくらいのメリット、デメリットを有するので、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    中古車屋から車の買取料の入金があるのは、売却の契約を締結してから一週間ほどあとになります。

    訪問査定当日に契約を約束したところで、必要な書類が足りなければ契約は不可能です。

    売却代金を早く受け取りたいと思ったら、売る決意が固まった段階で、査定を依頼する以前に必要書類を集めておくと良いでしょう。

    また、書類は軽乗用車と普通乗用車とでは異なるため間違えないようにしましょう。

    転居で住所が変更になった人は要注意です。

    中古車の査定をするときに必要になってくるのは車検証のみですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。

    普通自動車を売却するときには車検証のほかに実印および印鑑証明書、自賠責保険証やリサイクル券、納税証明書を用意しなくてはなりません。

    これらの書類中、納税証明書がなくなっていることに気が付いたら、軽自動車と普通自動車では納税証明書の再発行を依頼するところが違ってきます。

    普通自動車のケースでは県などの税事務所で、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。

    一般的に自動車業界が考慮する走行距離のスタンダードは年間で1万キロメートルとなっています。

    但し、この数値はあくまで目安ですから、旧型の自動車の場合には年間走行距離数はもうちょっと短くなるのが通常でしょう。

    車を買い取りに出す場合には走行距離が少ない方がプラス査定になるのです。

    しかしながら、機械というものはずっと動かさないでいると何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    走行距離数が年式に対してあまりにも不釣り合いだと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    自分が所有する車を売却しようと考えているならば、ボディにキズや凹みは無い方が良いでしょう。

    でも、素人が傷を治そうとすると、専門家の目で見たら余計に傷が浮いてしまうようなことがあるのです。

    いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。

    自動車修理をしたことが無い人がほとんどでしょうから、無理矢理自分で補修しようとせずに、そのまま買取査定に出すようにした方が結果的には良いでしょう。